« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月26日 (土)

変わるってこと。

友達に言われて気がついたこと。

私は、周りの人全員から好かれようとしてるんだって。
その通りだと思った、思ったからこそ傷ついた。
好かれようとしてる姿で逆に嫌われていくんだって。
言い訳できるなら、嫌われてもいい人間なんてそういないと思う。
でもそんなことを言ってくれた友達に土下座して感謝したい。
私の本当の気持ちを分かってくれたのはそいつだけだ。
本当に、本当にありがとう。

夏休みっていい機会だと思う。
周りの目ばっか気にして本当の目に気づけない情けない自分を変えるいい機会。
嫌われてもいいって思えるいい機会。
14年間生きてきて、物心ついた頃にはついていた癖を直せるいい機会なんじゃないの?

嫌われたっていいかも。
友達に避けられてるかもって言ったときの返事を
一生忘れずに生きていきます。
ありがとう、友人。
私の命の恩人です。

『お前行動がおかしいからだよ。
誰からもよく見られようとしてるように見えるから。
誰と最後まで連んで誰を斬るかはっきりしな。』

2014年7月12日 (土)

ドーナツホール 自己解釈

またまた解釈をば。
最近解釈がたのしくなっちゃったww



今日もくだらない記憶を思い出す
あんたは誰?あんたなんて知らねぇ
覚えてない、ということだけは確かに覚えてる
何回、何回、恋をしたって思い出すのはあんたの顔
それでもやっぱりあんたのの名前は思い出せねぇんだ。

周りのヤツらは決められたレールを辿って朝日に辿り着こうとするけど
僕はそんなことしないし、むしろ好き好んで夜に向かってる
それでもやっぱりあんたの名前は思い出せねぇんだ。

あんたの名前を思い出せないことで、思い出そうとしないことで
あんたを傷つけてんじゃない?
そんな葛藤で眠れないのを あんたが知ったら笑うんだろ?

簡単な気持ちばっかり気にして あんたのことを忘れちまった。
きっともう永遠に思い出せないんだ そんな気がするよ。
ほら、上手く笑えねぇ

ドーナツの穴を穴だけじゃ切り取れないように
あんたの存在を証明できない自分がいる
何回恋をしたって思い出すのはあんたの顔だよ。
今日も眠れねぇ夜に布団をかぶって誤魔化す。

消えない恋心があることに安心する
過ぎたことうるさく言わねぇから
ハッキリしてくれよ、いい加減さぁ。

消えた気持ちばっかり気にして、あんたのこと忘れちまった。
きっともう永遠に思い出せないんだ、そんな気がするよ。
ほら、涙が溢れる。

この空いた記憶があんたの存在の証明。
ハッキリしねぇ、もどかしいよ。
僕の心は限界だ。

簡単な気持ちを気にして、消えた気持ちを気にして
あんたのこと忘れて。
あんたのこと永遠に思い出せないんだ、僕のせいで。

「……………」
最後に思い出した
あんたの小さい小さい声、
眠れねぇ布団の中、目を見開いた
何も見えねぇ世界でたった一つ見えた

「そうだ、あんたの名前は」

みたいな
文才なさすぎ←
でもこの曲すっごい好き!!!
口悪いのに一人称僕なのは趣味ですϵ( 'Θ' )϶
また好きなの投稿します。
テスト勉の息抜きでしたぁ〜www

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト

ニコニコ静画

  • 私のイラスト